昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
遊離前腕皮弁による即時再建を行った口腔および中咽頭再建症例の臨床的検討
代田 達夫大野 康亮松井 義郎西村 明子伊東 大典羽鳥 仁志新谷 悟
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 27 巻 4 号 p. 290-295

詳細
抄録

1985年から2002年までの18年間に当科で行った口腔癌患者に対する遊離前腕皮弁による即時再建例は80例であった.性別では男性54例, 女性26例, 年齢では平均58.9歳であった.原発部位別では舌, 口底, 下歯肉などに多く, T分類別ではT2が最多であった.再建部位別では舌, 口底が49例と最多であり, 次いで下顎, 中咽頭, その他の部位の順であった.皮弁の土着率は93.7%であった.前腕皮弁再建例の累積5年生存率は79.1%であった.以上のことから, 本皮弁は舌口底, 下顎の再建などに幅広く適用され, 生着率, および術後経過も良好であり, 有用であると考えられた.

著者関連情報
© 昭和歯学会
前の記事 次の記事
feedback
Top