日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
皮膚科セミナリウム 第62回 水疱症
自己免疫性水疱症の発症機構
大日 輝記橋本 隆
著者情報
ジャーナル 認証あり

2010 年 120 巻 8 号 p. 1627-1634

詳細
抄録

自己免疫とは,本来,非自己を攻撃すべき生体防御機構が,自己を攻撃してしまう現象である.自己免疫によって起こる疾患のなかで,自己免疫性水疱症は,発症機構の解明が最も進んでいる疾患の一つである.自己免疫性水疱症の発症機構を,1.自己抗原,2.リンパ球,3.水疱形成,の3段階に分けて解説し,現在直面している課題を明らかにしたい.

著者関連情報
© 2010 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top