J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本皮膚科学会雑誌
Vol. 121 (2011) No. 9 p. 1847-1854

記事言語:

http://doi.org/10.14924/dermatol.121.1847

皮膚科セミナリウム 第76回 毛包・脂腺系疾患
  • 抄録

尋常性痤瘡には遺伝素因,皮脂分泌の亢進,男性ホルモンなどの内分泌的因子,毛漏斗部の角化異常,Propionibacterium ancesなどによる細菌学的素因,炎症反応などが関連して発症する.その結果,毛包内に角質・皮脂が充満した面皰が形成され,細菌性リパーゼ・菌体外酵素・活性酸素などによる炎症性の紅色丘疹,膿疱が出現する.治療にはこれらの病態生理を理解した上での戦略が必要である.その他の痤瘡性疾患や鑑別すべき疾患についても言及した.

Copyright © 2011 日本皮膚科学会

この記事を共有