日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
新・皮膚科セミナリウム 急性発疹症―最新の動向と対応
1.手足口病を含むエンテロウイルス感染症
細矢 光亮
著者情報
ジャーナル 認証あり

2014 年 124 巻 10 号 p. 1913-1917

詳細
抄録

エンテロウイルス感染症の症状は,非特異的発熱が最も多く,時に手足口病,ヘルパンギーナ,発疹症,無菌性髄膜炎,急性出血性結膜炎などの特異的病態を呈する.まれに,脳炎・脳症,ポリオ様麻痺性疾患,心筋炎・心膜炎,流行性筋痛症,肝炎などを呈することもある.臨床像とウイルス血清型に関連性があり,手足口病とコクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71,ヘルパンギーナとコクサッキーウイルスA群,脳幹脳炎とエンテロウイルス71,心筋炎とコクサッキーウイルスB群などである.

著者関連情報
© 2014 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top