日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
原著
レセプトデータベースを用いた皮膚糸状菌症診療の実態の解析
岩永 知幸安澤 数史望月 隆
著者情報
ジャーナル 認証あり

2015 年 125 巻 12 号 p. 2289-2299

詳細
抄録

健康保険組合加入者約150万人の医科及び調剤レセプトを集積したデータベース(JMDC)を用いて皮膚糸状菌症診療の実態を解析した.まず過去の疫学調査報告と比較した結果,月別,年齢別,病型別患者分布,真菌学的検査実施率,及び処方動向はほぼ一致した.一方で,足・爪白癬の併発率は一致せず,レセプト上の病名省略が示唆された.次にレセプト追跡分析の結果,初診時に顕微鏡検査をなされた足または爪白癬の患者群は検査のない患者群に比べ,半年から一年後の有病者数が有意に少なく,検査の重要性が示唆された.以上から,疫学調査結果にJMDC分析を加えることで,皮膚糸状菌症診療の実態をより詳細に把握できると考えられた.

著者関連情報
© 2015 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top