日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
新・皮膚科セミナリウム 世界遺産皮膚科の旅
3.ピレスロイド抵抗性アタマジラミ症
山口 さやか高橋 健造
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 127 巻 10 号 p. 2305-2311

詳細
抄録

日本ではアタマジラミ症に対する治療薬として,ピレスロイド系薬剤のフェノトリン0.4%配合の市販薬のみが認可されている.欧米ではこのピレスロイド系薬剤の無効なアタマジラミが蔓延し,沖縄県でも蔓延していることがわかった.本稿では抵抗性の機序や海外のアタマジラミ治療薬,沖縄県内の取り組みや実際的な駆除法を解説する.

ノーベル賞受賞者の大野智博士が開発したイベルメクチンは,抵抗性アタマジラミにも有効であるが,日本では保険適応がなく使用出来ない.

著者関連情報
© 2017 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top