日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
新・皮膚科セミナリウム 自己免疫性水疱症:基礎と臨床Update
1.天疱瘡・類天疱瘡におけるPDAI・BPDAIを用いた病勢評価
山上 淳
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 127 巻 9 号 p. 2077-2083

詳細
抄録

天疱瘡・類天疱瘡の重症度分類,病勢評価,治療効果判定には,臨床症状を客観的にスコア化した天疱瘡におけるPDAI(pemphigus disease area index),類天疱瘡におけるBPDAI(bullous pemphigoid disease area index)が重要な役割を果たす.今後PDAI・BPDAIは,指定難病の臨床調査個人票の記載に必要なだけでなく,国際共同治験などでも汎用されると考えられ,皮膚科医には習熟が求められる.

著者関連情報
© 2017 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top