日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
症例報告
尋常性乾癬に合併し,ラミニン332のα3鎖に対するIgG自己抗体を有した粘膜症状を欠く類天疱瘡の1例
小川 利沙土井 知江原田 優調 裕次
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 130 巻 6 号 p. 1457-1463

詳細
抄録

38歳,男性.尋常性乾癬治療中に全身に緊満性水疱が出現した.粘膜症状は認めなかった.蛍光抗体直接法で基底膜部にIgGとC3沈着,正常ヒト皮膚切片を基質とした蛍光抗体間接法(IIF)で抗表皮基底膜部抗体陽性,1M食塩水剝離皮膚を基質としたIIFで真皮側基底膜優位にIgG沈着,リコンビナントラミニン332を用いた免疫ブロット法(IgG)でα3サブユニット(165 kDa)に陽性を示した.ラミニン332自己抗体を有した類天疱瘡と診断しcyclosporine A内服を開始し軽快した.乾癬に合併したラミニン332自己抗体を有する類天疱瘡は非常にまれと考えられるため報告する.

著者関連情報
© 2020 日本皮膚科学会
前の記事
feedback
Top