日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
掌蹠嚢疱症と乾癬―血清の多核白血球遊走活性について―
山路 和彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

1986 年 96 巻 6 号 p. 595-

詳細
抄録

乾癬患者の血清の,多核白血球に対するchemoattracting propertyに関して,いくつかの相反する実験成績が報告されている.しかし,掌蹠嚢疱症患者の血清のchemoattracting propertyについての報告はない.そこで,掌蹠嚢疱症,尋常性乾癬および乾癬性紅皮症の患者血清のchemoattracting propertyを,アガロースプレート法を用いて検討した.その結果,上記3疾患の患者血清は,対照とした健康成人血清に比して有意に高い多核白血球遊走活性を有していた.この活性は,病巣で作られた物質が末梢血中に流入することにより,もたらされると考えられた.

著者関連情報
© 1986 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top