日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
皮膚有棘細胞癌細胞株(SCC-1CB)の樹立とその性状
渡辺 富美子児島 孝行守田 英治小林 まさ子藤田 優
著者情報
ジャーナル 認証あり

1989 年 99 巻 7 号 p. 793-

詳細
抄録

組織培養法を用いて皮膚有棘細胞癌の細胞株(SCC-1CB)を樹立した.62歳,男性,腹部に生じた皮膚有棘細胞癌の外科的切除により得た腫瘤の一部をヌードマウスに移植し,さらにヌードマウスに継代し,継代4代目に形成された腫瘤組織を材料とし,10%牛胎児血清を加えたEagle's MEM培地を用い細胞株を樹立した.光顕で扁平な上皮様細胞で,電顕ではデスモソームとトノフィラメントを認めた.PAP法にて抗ケラチンポリクローナル抗体,抗ケラチンモノクローナル抗体,抗ビメンチンモノクローナル抗体陽性所見を得た.染色体分析ではヒト型,染色体数は46から79で,モードは56であった.ヌードマウスへの培養細胞の移植では腫瘤が形成され,光顕および電顕的検索にても有棘細胞癌の所見を得た.凍結保存は可能であり,樹立後二年半経過した現在もなお旺盛な増殖を続けている.

著者関連情報
© 1989 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top