日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
水疱性類天疱瘡抗原の多様性―Western blot法による解析―
和泉 宏細川 宏
著者情報
ジャーナル 認証あり

1989 年 99 巻 8 号 p. 871-

詳細
抄録

18例の水疱性類天疱瘡血清を用い,ヒト表皮蛋白抽出液をsubstrateとして,Western blot法にて類天疱瘡抗原を解析した.結果は以下の通りである.1)240,200,180KDの3種類の蛋白が検出され,それらの検出頻度は,それぞれ44%,22%,50%であった.2)2例(11%)では,特異的な蛋白を検出しなかった.3)コントロールとして用いた尋常性天疱瘡血清,健常人血清それぞれ10例では,上記3種類の蛋白は検出されなかった.4)各患者血清により検出される上記3種類の蛋白の組合せは,固有のパターンであり再現性があった.これらの結果は,類天疱瘡抗原及び症例間での抗体の多様性を示唆する.

著者関連情報
© 1989 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top