動物臨床医学
Online ISSN : 1881-1574
Print ISSN : 1344-6991
ISSN-L : 1344-6991
症例報告
脾臓摘出術のみで寛解した非再生性免疫介在性貧血の犬の1例
長谷 晃輔長谷 生子
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 27 巻 4 号 p. 153-156

詳細
抄録

5歳2カ月齢,未去勢雄のパピヨンが1週間前からの運動不耐性を主訴に来院した。一般血液検査では重度の非再生性貧血が認められた。骨髄検査では赤芽球系細胞の見かけ上の成熟停止を伴った過形成,およびマクロファージによる赤芽球系細胞の貪食像を認めた。以上の所見より非再生性免疫介在性貧血と診断した。薬物療法を導入することなく脾臓摘出術を実施したところ比較的速やかに良好な反応が得られ,その後も免疫抑制剤による治療を行うことなく良好に維持できている。

著者関連情報
© 2018 動物臨床医学
前の記事 次の記事
feedback
Top