経済教育
Online ISSN : 2432-9150
Print ISSN : 1349-4058
機会費用の教育性・再々考
─アメリカにおける広がりと日本への波及─
新井 明
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 37 巻 37 号 p. 104-108

詳細
抄録

 機会費用概念のアメリカでの普及のキーパーソンと推定されていたサムエルソンは,その著『経済学』では機会費用概念をストレートに登場させていなかった。また,日本におけるその普及は1980年代であり,経済教育への普及は未だ十分ではない。

著者関連情報
© 2018 経済教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top