経済教育
Online ISSN : 2432-9150
Print ISSN : 1349-4058
主体的かつ深い学びをうながす経済学習実践の省察
─授業フレームワークに基づいて─
奥田 修一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 37 巻 37 号 p. 81-85

詳細
抄録

 「主体的で対話的な深い学び」をうながす経済学習をすすめるためのポイントは,学習課題にある。その際「見方・考え方」を働かせて,真正な学びにつながるような教材がもとめられる。この経済学習実践では,「分業と交換」(交易はすべての人々を豊かにする)という概念枠に着目した。テーマは「トランプ大統領の貿易政策の是非を問う」である。「就任のお祝いの手紙を書こう」という形で表現できる学習を開発・実践した。その実践を,独自に開発した授業フレームに基づき分析をし,さらに「主体的で深い」学びをすすめる学習課題を立てるための仮説を検証した。

著者関連情報
© 2018 経済教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top