栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
各種食品たん白質の全アミノ酸に対する全必須アミノ酸割合について
松野 信郎山口 迪夫野村 美弥
著者情報
ジャーナル フリー

1978 年 36 巻 4 号 p. 195-200

詳細
抄録

1) 食品たん白質の全アミノ酸中の全必須アミノ酸割合 (EA%) を日本食品アミノ酸組成表から算出した。
2) 152種の食品中最少値は19%最高値は56%であり, 動物性食品 (72種) は比較的限られた範囲内に分布し, 植物性食品 (80種) は広範囲に分布し, 一般的には動物性よりも低かった。
3) 粗たん白質中の必須アミノ酸割合 (EAcp%) と比べ差のあるものやないものがみられたが, 全体の1/3は差がなく, 残りは2以上の差がみられた。ことに植物性食品に差の大きなものがかなりみられ, EA%>EAcp%の10以上のものは16例もあった。
4) EA%とEAcp%との相関は+0.90であった。
5) 日本人摂取たん白質のEA%は42~43で, EAcp%の41~42と差はなかった。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本栄養改善学会
前の記事
feedback
Top