栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
朝食欠食と寮内学生の栄養摂取量, 血清脂質, 学業成績
香川 靖雄西村 薫子佐東 準子所沢 和代村上 郁子岩田 弘太田 抜徳工藤 快訓武藤 信治手塚 統夫
著者情報
ジャーナル フリー

1980 年 38 巻 6 号 p. 283-294

詳細
抄録

朝食の欠食は日周リズムを変え, これによって肥満, 高コレステロール血を増加させ, 各種の知的機能テストの成績を低下させると報告されている。そこで寮内学生 (19~21歳) につき分析を行い下記の成績を得た。
1978 (人数=102) 1979 (人数=106)
朝食 欠食者(85名) 摂取者(17名) P 欠食者(64名) 摂取者(42名) P
〔摂取量/日〕
エネルギー (kcal) 1,916 2,180 <0.1 2,105 2,459 <0.01
たん白質 (g) 63.1 66.4 <n.s. 67.0 80.8 <0.01
炭水化物 (g) 283.6 345.1 <0.01 295.4 352.2 <0.001
カルシウム (mg) 296.4 408.8 <0.02 409.4 499.0 <0.02
〔24時間尿中成分〕
尿素 (g) 7.05 6.58 <0.5 7.49 8.43 <0.5
カルシウム (mg) - - - 410.8 497.3 <0.05
〔血清〕
コレステロール (mg/dl) 190.8 186.4 n.s. 188.5 191.4 n.s.
〔学業〕
全学科成績 71.51 75.74 <0.01 72.97 75.29 <0.02
平均得点順位 58.1 35.9 <0.01 59.4 44.1 <0.02
年間欠席時限数 87.3 53.7 <0.05 89.2 63.4 <0.05
コレステロール値は米国青年の値よりわずかに高い。
身長 (169.9対170.7cm), 体重 (61.6対63.0kg), HDL-コレステロール (52.5対53.5mg/dl), トリグリセリド (116.8対123.7mg/dl), カウプ指数 (2.147対2.181), 出身地南北差等には上記両群の差はなかった。
朝食の欠食は上記の表の栄養素摂取量を低下させたが, 食事の欧風化にも拘らず, 肥満やコレステロールを増加させなかった。また欠食者に学業成績, 出席率の不良なものが多く見出された。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本栄養改善学会
次の記事
feedback
Top