栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
ラットの実験的鉄欠乏性貧血における性差について
東條 仁美
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 40 巻 4 号 p. 191-195

詳細
抄録

雄雌幼若ラットに鉄不足飼料を7週間投与し, 血液中Hb, Ht, RBC値の経時的変化を観察し, また, 7週間飼育後の各組織鉄含量を測定し, 性差の有無について検討し, 下記の結果が得られた。
1) 7週間飼育後の体重は雄雌ラットとも対照群と欠乏群に有意差が認められた。
2) 7週後の雄雌欠乏群のHb, Ht, RBC値は雄雌群間に有意差がみられ, 雌が高い値を示したが, 対照群の雄雌間ではこれらの値に有意差は認められなかった。
3) 雌欠乏群の肝臓, 脾臓, 筋肉の鉄含量は雄欠乏群より高い値を示した。
4) 以上より, 鉄欠乏飼料を投与することにより, ラットの鉄代謝に性差のあることが示された。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本栄養改善学会
前の記事 次の記事
feedback
Top