栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
高コレステロール血症ラットの血清, 肝臓の脂質濃度に及ぼす数種食品の組み合わせ投与の効果
小畠 義樹斎藤 衛郎平原 文子池上 幸江印南 敏
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 40 巻 6 号 p. 311-325

詳細
抄録

高脂質血症予防の食事構成を知る手がかりを得ることを目的として, 白米を基本とした高 Chol 飼料に血清 Chol 低下作用既知の食品, あるいは食物繊維を含む食品を単独または組み合わせてラットに投与し, リポたん白質を含めた Chol 代謝に及ぼす影響を中心に検討した。
1) 植物油は血清 Chol 低下に強い効果を示した。また大豆, おから, しいたけの各食品も効果のあることが認められた。おからとしいたけの組み合わせでは相加的効果が認められた。
2) 高度不飽和脂肪酸を含む魚油 (イワシ油) は非常に強い血清 Chol やリン脂質低下作用を示したが, おから, しいたけとの同時投与によってもそれ以上の効果は示さなかった。
3) 昆布は単独または他の食品との同時添加でも, 血清, 肝臓の脂質濃度にはほとんど影響を与えなかった。
4) 植物油, 魚油投与時には対照群および他の植物性食品投与群に比べ, HDL-Chol の低下抑制の傾向がみられ, T-Chol に対する HDL-Chol の比率が相対的に上昇するのを認めた。
5) 魚油添加によって血清と肝臓中に過酸化脂質が著しく上昇したが, おからやしいたけとの同時添加でやや低下する傾向がみられた。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本栄養改善学会
前の記事 次の記事
feedback
Top