E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
伊豆大島の防風林形成過程にみる地域生物資源の利活用
原 裕太関戸 彩乃淺野 悟史青木 賢人
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 10 巻 1 号 p. 67-80

詳細
抄録

本稿では,防風林の形成過程に着目することで,伊豆大島における地域の生物資源利用に関わる人々の知恵とその特徴を明らかにした.防風林の形態には気候,生態系,社会経済的影響などの諸因子が影響している.そのため,国内各地で多様な防風林が形成されてきた.防風林は,それら諸因子を人々がどのように認識し,生活に取り込んできたのかを示す指標となる.伊豆大島には,一辺が50 mほどの比較的小規模な格子状防風林が存在する.調査によって,防風林の構成樹種の多くはヤブツバキであることが確認され,事例からは,伊豆大島の地域資源を活かす知恵として,複数の特徴的形態が見出された.土地の境界に2列に植栽されたヤブツバキ防風林はヤブツバキの資源としての重要性を示し,2000年頃に植栽された新しいヤブツバキ防風林は古くからの習慣を反映していた.また,住民が植生の特性を利用してきたことを物語るものとして,ヤブツバキとオオシマザクラを交互に植栽した防風林が観察された.それらからは島の人々とヤブツバキとの密接な関係が推察された.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top