E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
北陸地方における農業の存続・成長戦略
田林 明菊地 俊夫
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 11 巻 2 号 p. 425-447

詳細
抄録

現代の日本では,農村本来の機能である食料生産を存続させ,持続的に発展させることが重要な課題となっている.この報告は,稲作が卓越する北陸地方において存続・成長の可能性の高い農業経営事例を検討し,その特徴と役割を明らかにする.ここで取り上げた三つの大規模借地経営は,利潤を追求するとともに,農地活用・管理のみならず,地域社会の維持,雇用創出といった役割を果たしている.それぞれは,大規模化と多角経営化と企業的性格を強めるという方向に進んできている.今後,ますます生産物を多様化し,加工・流通部門も加えて,規模拡大を進めるものと考えられる.しかし,すべての地域の農業がこれらの企業的経営によって維持されるのは困難であり,利潤追求というよりも一定水準の農業を継続し,農地を管理し,地域社会を持続させていこうとする集落営農が,大規模借地経営の隙間を埋めるように機能していくと考えられる.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top