E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
農産物直売所の展開による地域農業の持続可能性―群馬県高崎市吉井地区を事例として―
西野 寿章
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 11 巻 2 号 p. 448-459

詳細
抄録

1990年代半ばから野菜の輸入が急増し,輸入野菜の農薬問題が顕在化して,安全性を求める消費者の声が高まった.これに対応するように,地産地消型の農産物直売所の開設が活発となった.本稿は,地方都市近郊に開設された農産物直売所が設立された背景や活動状況を追いながら,農産物直売所の地域農業持続に果たす役割について考察した.調査地域では,養蚕が盛んに行われていたが,1980年代末の繭価の下落を契機として養蚕を終了し,野菜栽培に転換した.その結果,畑地面積が増加して地域農業は維持されたものの,後継者の育成は困難を極めている.地域農業の存続のためには,就農を希望している人々に農業技術と販売方法を伝えていくことが重要となっている.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top