E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
解説記事
地理的な視点からとらえた立地適正化計画に関する問題―コンパクトシティ実現のための都市計画制度―
荒木 俊之
著者情報
ジャーナル フリー

12 巻 (2017) 1 号 p. 1-11

詳細
PDFをダウンロード (667K) 発行機関連絡先
抄録

立地適正化計画は,コンパクトシティ・プラス・ネットワークを実現するために,2014年に創設された.本稿は,立地適正化計画の創設の背景とその概要を概説するとともに,地理的な視点からとらえた立地適正化計画の作成と運用の問題点を整理することを目的とする.本稿では三つの視点,すなわち立地適正化計画の区域の範囲,都市機能誘導区域の階層構造に関連する機能設定,土地利用規制とそれにともなう地域差から問題点を整理した.これらに共通するのは,立地適正化計画の区域の範囲に関することである.立地適正化計画は都市圏の範囲での作成が求められるが,都市計画区域が都市圏と一致しないことにより,コンパクトシティの実現に向けた取組みも,作成主体である市町村内にとどまる可能性が想定される.これは,都市計画の根本をなす都市計画区域の問題でもあり,都市計画区域の再編や変更が柔軟に行えない都市計画制度の硬直化といえよう.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本地理学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top