E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
非一様地表面熱源や境界層内冷熱源を有する場合のSummers型都市境界層高度の式
中川 清隆中村 祐輔渡来 靖
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 14 巻 1 号 p. 163-179

詳細
抄録

Summersの式はシンプルな数式でありながらプルーム型都市境界層の形成とそれに伴う都市ヒートアイランド形成をうまく説明するが,同式により予測される都市温度の水平分布は閉じた等温線を形成せず,市街地の最風下端に最高温度が出現する,という矛盾を含んでいることは自明である.この矛盾が市街地内の一様な熱源分布の仮定に起因するか否か調査したところ,例え市街地内に非一様に熱源が分布しても,熱源付近で等温線間隔が密になるものの地上気温の閉じた等温線は出現せず,市街地の最風下端が最高温度となることが明らかとなり,Summersの式が都市境界層内に冷熱源を持たないことがその原因と推測された.そこで,都市境界層内に都市温度に対応するニュートン冷却機能を付加したところ,市街地スケールおよび風速の条件によっては明瞭なドーム状の都市境界層が形成され,最高温地点が風上寄りに移動した地上気温の閉じた等温線形成に大きく近づくことが明らかになった.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top