E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
立地適正化計画に対する地方自治体からの政策評価と課題認識―全国332市町村へのアンケート調査から―
箸本 健二武者 忠彦菊池 慶之久木元 美琴駒木 伸比古佐藤 正志
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 16 巻 1 号 p. 33-47

詳細
抄録

本稿は,立地適正化計画の実施主体となる332市町村へのアンケート調査を通じて,立地適正化計画の導入意図,施策の概要,実施上の課題を分析・検討した.その結果,多くの地方自治体が,政策の理念や必要性には理解を示している一方で,主に経済的理由から都市機能の誘導は限定的な施策にとどまる.また,ローカルな政治的文脈への配慮から,都市機能の集約化や強制力を伴う居住誘導の導入にも慎重な姿勢を崩していない.立地適正化計画をコンパクトシティ実現の切り札と位置づける国と,さまざまな制約条件の下で実施可能な事業を優先せざるを得ない地方自治体との温度差は,現時点では大きいといわざるを得ない.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top