E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
台湾のコチョウラン産業の動態と国際リレー栽培
新井 祥穂大呂 興平古関 喜之永田 淳嗣
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 6 巻 1 号 p. 16-32

詳細
抄録

農産物の貿易自由化の流れとともに農業経営の現場ではさまざまな可能性が追求されている.本研究では,台湾産の苗を用いたコチョウランの国際リレー栽培を取り上げ,台湾のコチョウラン生産者群の適応的技術変化と,その成果と深く関わる経営選択の分析を通じて,その動態の理解を試みた.分析の結果,各生産者は,市場や政策環境変化に誘発されつつも,適応的技術変化の到達点を見極めつつ,生育段階や,出荷先・輸出先の選択を柔軟に行っていることが明らかになった.特に苗の輸出先は,日本,アメリカ,ヨーロッパ等と多元化し,日本の地位は相対的に低下していた.2000年代半ば以降,日本では,台湾との国際リレー栽培への関心が一段と強まっているが,台湾の生産者からみると,品質の限定性の高い日本ばかりを相手にすることに合理性があるわけではなく,そのずれは,両国間の国際リレー栽培の安定的な存立に対する潜在的な不安要因になっている.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top