E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
地理教育解説記事
高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案
岩田 修二
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 8 巻 1 号 p. 153-164

詳細
抄録

高等学校地理教科書の世界の大地形の記述に使われている用語や説明の一部は不適当である.造山帯・安定陸塊の概念は地質構造を説明するものである.したがって,世界の山岳地域の大地形の説明として新期造山帯・古期造山帯を用いるのは止める.それに替えて地形の説明は平面形・高さ・傾斜などの地形の指標でおこなう.プレート論と整合するように変動帯を正しく説明する.造山帯・安定陸塊(楯状地・卓状地)の概念は鉱物資源の説明のためには有効である.ただし,地質学の概念であることをきちんと説明すべきである.このように教科書を改訂するためには,まず大学教員が努力しなければならない.高校教科書の「世界の大地形」の改訂案が付属資料として添付してある.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top