E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
解説記事
天草御所浦ジオパークにおける地質・化石と生態系の保全
長谷 義隆鵜飼 宏明廣瀬 浩司
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 9 巻 1 号 p. 38-43

詳細
抄録

ジオパークの基本理念の主旨は大地の遺産の保全と活用である.大地の遺産のうち,地層や化石を主要テーマにしているジオパークにおいて,地層から化石を採集する行為は大地の遺産を保全するという観点からみると,受け入れがたいことのようにも考えられるが,しかし,大地の姿を知り,生命の変遷を語るにはなくてはならない教育プログラムであると考えられる.天草御所浦ジオパークの特徴は,中生代から新生代への地球規模の変遷を地層と化石から実感できることである.特に白亜紀層から産出する豊富な化石群(恐竜や軟体動物)を用いた子供たちの化石採集体験は教育プログラムとして重要である.その際採集される化石は,大地の遺産保全というジオパークの理念とどのように関わるのかについて,ジオパーク認定以前の旧御所浦町が取り組んできた保全・保護に対する実践と,それを現在の生態系の保全を含めた取り組みとして継続,発展させている天草御所浦ジオパークの現状を説明する.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top