E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
調査報告
スペイン・ピレネー山脈のソブラルベジオパークにおける行政主導型マネジメントの意義と課題
河本 大地
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 9 巻 1 号 p. 50-60

詳細
抄録

ジオパークに関わる動きが活発化している.その中で日本においては,多くのジオパーク,およびそれを目指す地域で,地方自治体が主導する形がとられている.そこで本稿では,行政主導型のジオパークマネジメントの先例として,ピレネー山脈のスペイン側にあるソブラルベジオパークをとりあげ,意義と課題を整理した.その結果,地質・地形等に関わる施策を展開しやすくなったこと,学校教育との連携などが行政主導型マネジメントの意義として,見いだされた.他方,ジオパークに関する民間の主体的活動はほとんど見られず,またジオパークとしての取り組みが地質・地形関係に特化するなど行政の縦割りの弊害も存在する.しかし,域内企業とのパートナーシップ協定やマウンテンバイク用ルートの整備等,地質・地形への関心喚起や地域資源活用の手法は,日本のジオパークにとって参考になると考えられる.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top