E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
「スクリーンスケイプ」の視点からみたビデオゲームの空間表現
森野 友介
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 9 巻 1 号 p. 88-101

詳細
抄録

スクリーンスケイプはスクリーンの映像だけではなく,その背後にあるさまざまな事象とその構造を含んだ概念である.この概念を用いることで現実の空間とサイバースペースの垣根を越えた研究が可能であり,双方の空間にわたる情報化社会にアプローチすることができる.映像の背後には技術,マーケティング,社会状況,コミュニケーションの4種類の要素がある.本稿では2Dのビデオゲーム空間の視点に注目した分析と聴き取り調査を行うことで,主に技術やマーケティングに関する調査を行った.その結果,コストと技術の制約の中でクリエイターは性能を最大限に活かす努力を行ってきたこと,技術の発展に伴い,ビジネスモデルが複雑化し,マーケティングの影響が徐々に強くなり,ビデオゲームの内容も変化したことが分析できた.このように,技術とマーケティングの影響を受けつつビデオゲームのスクリーンスケイプが発達したことが明らかになった.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top