日本液晶学会討論会講演予稿集
Online ISSN : 2432-5988
Print ISSN : 1880-3490
ISSN-L : 1880-3490
2010年 日本液晶学会討論会
セッションID: PB21
会議情報
共焦点レーザー走査顕微鏡によるキラルネマチック相における高分子の拡散挙動の直接観察
*金 暁進博紀 博紀奥村 泰志東口 顕士菊池 裕嗣
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

高分子安定化ブルー相(PSBP)はブルー相(BPs)の欠陥に高分子ネットワーク(PN)が形成されることで温度範囲を幅広く保持できる。しかし、BPs中のPNのアンカリング効果によりPSBP の駆動電圧が上昇する問題があるため、最適な構造のPNを形成させる必要がある。本研究ではBPsの欠陥モデルとしてキラルネマチック(N*)相を用い、蛍光性モノマーを導入してN*相の欠陥中における高分子の拡散挙動を共焦点レーザー走査顕微鏡で直接観察した。

著者関連情報
© 2010 日本液晶学会
前の記事 次の記事
feedback
Top