電気泳動
Online ISSN : 2189-2636
Print ISSN : 2189-2628
ISSN-L : 2189-2636
一般論文
軟部肉腫の浸潤性予測バイオマーカー開発のためのプロテオーム解析
菊田 一貴窪田 大介吉田 朗彦森岡 秀夫中村 雅也松本 守雄中馬 広一川井 章近藤 格
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 61 巻 2 号 p. 132-136

詳細
抄録

浸潤性軟部肉腫の代表である粘液線維肉腫はその浸潤性性格による外科的切除後の高い再発率が臨床上の問題である.そのため,粘液線維肉腫患者の治療成績向上には浸潤性に関わるバイオマーカー開発が必須である.本研究では11例の粘液線維肉腫を対象に蛍光二次元電気泳動法を用いたプロテオミクス解析で,粘液線維肉腫浸潤性予測バイオマーカー候補としてDCBLD2を見出し免疫組織化学的解析により,その有用性を検証した.今後,症例数を増やしてさらなる検証実験をおこなうことで,浸潤性予測バイオマーカーとしての臨床応用が期待される.

著者関連情報
© 2017 日本電気泳動学会
前の記事 次の記事
feedback
Top