電気泳動
総合論文
血清蛋白分画検査を院内で実施する意義
井本 真由美山田 俊幸上硲 俊法
著者情報
ジャーナル 認証あり

61 巻 (2017) 2 号 p. 74-78

詳細
PDFをダウンロード (1324K) 発行機関連絡先
抄録

血清蛋白分画検査は,血清蛋白異常症のスクリーニング検査として広く用いられており,特に多発性骨髄腫の診断および治療効果の判定に欠かせないM蛋白の検出方法である.血清蛋白分画を院内で実施する最大の意義は,重要な所見を発見し,その病態を把握したうえでいち早く依頼医に報告できることである.当院における取り組みとしては以下のようなものがある.第一に,悪性M蛋白等異常所見を認めた患者においては,検査技師がカルテを閲覧し,検査目的や他の検査所見を参考に,疑われる病態を考察する.第二に特徴的なβ-γブリッジングが認められた時には,IgG4関連疾患を疑う.第三に生化学や免疫学的検査で非特異反応を認めたときに,その原因の一つと考えられるM蛋白の有無の確認をする.第4にクリオグロブリンの型判定にも利用する.このような取り組みにより医師の診断のサポートが行える.

著者関連情報
© 2017 日本電気泳動学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

生物物理化学

feedback
Top