日本生態学会大会講演要旨集
第52回日本生態学会大会 大阪大会
セッションID: S9-1
会議情報
陽葉・陰葉の発生メカニズム
*矢野 覚士
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

 植物をとりまく光環境は時間、場所によって大きく異なる。光が弱いと葉は光合成を活発に行う事が出来ない。一方、強すぎる光は光阻害を引き起こしてしまい、光合成効率が低下してしまう。植物は光環境の違いに馴化することで対応している。陽葉・陰葉は植物の示す光馴化の一つである。陽葉・陰葉は古くから比較研究が行われており、生理学的、形態学的な違いが数多く指摘されている。両者の違いは、結果として、それぞれの葉がそれぞれの光環境下において効率良い光合成生産を可能にしている。
 陽葉・陰葉という現象に対する生理生態学的な議論が活発に行われてきた一方、発生学的観点からの解析はあまり進んでいない。両者に形態学的な差が生じるのは、両者で発生が異なるためである。葉原基は光環境に応じて発生プログラムを選択し、陽葉や陰葉へと分化すると考えられる。では、植物は光環境をどうやって認識し、どのように発生を調節しているのか?陽葉・陰葉という現象を包括的に理解するには、これらの疑問に答えなければならない。
本講演では陽葉・陰葉という現象を発生学的に解析した研究を紹介する。近年、シロイヌナズナやシロザ、タバコを用いた解析によって、発生中の葉がおかれている光環境ではなく、成熟葉のおかれている光環境が新しい葉の発生運命を左右している事が明らかになった。これらの事は、成熟葉で認識された光情報が何らかのかたちで新しい葉に伝達されている事を示している。これらの研究とは別に、光受容体を欠く変異体においても野生株と同様に、光強度に応じた葉の肥厚が起こると報告されている。さらに演者らの実験で、植物を培地で育てると、培地中の糖濃度と葉の厚さに正の相関関係があることが分かった。こうした研究例もふまえて、陽葉と陰葉の発生調節機構に関して考察する。

著者関連情報
© 2005 日本生態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top