電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
Online ISSN : 1882-0875
US研究会提案
超指向性音響システムの開発
―多方面からの検討―
鎌倉 友男酒井 新一
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 1 巻 3 号 p. 3_37-3_43

詳細
抄録

例えば,交通バリアフリー関連での音による注意喚起や的確な歩行誘導に,また展示会場における各ブースごとの個別案内に適用でき,その周囲の静音化が達成できる超指向性パラメトリックスピーカの開発に取り組んだ.このスピーカは超音波の非線形現象を積極的に応用するところにアイデアがあるが,これを実現するには,物理をはじめとして,音場解析を目的とした数学,ひずみの少ない可聴音を得るための最適な超音波変調方式や電子回路技術など,多方面からの検討が必要である.音環境の改善や整備を目的としたパラメトリックスピーカの開発過程の一端を紹介したい.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 電子情報通信学会
前の記事 次の記事
feedback
Top