電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
Online ISSN : 1882-0875
幹事団提案
カード組を用いた秘密計算
水木 敬明
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 9 巻 3 号 p. 179-187

詳細
抄録

カードベース暗号とは,物理的なカード組を利用して,秘密計算等を実現するものである.1989年に5枚のカードで論理積を秘密計算できることが示されて以来,数多くのカードベースプロトコルが考案されている.カードベースプロトコルは,コンピュータやネットワークを必要とせず手軽に実行することができるとともに,その正当性や安全性は高校生でも容易に理解できる.本稿では,カードベース暗号の歴史を概観するとともに,最近の研究成果を紹介する.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 電子情報通信学会
前の記事 次の記事
feedback
Top