ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
薬学実践英語
第6回 科学論文を書く際に不可欠な文法(Part 1):現在形/過去形,現在完了/過去完了
F. W. FOONG
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 51 巻 3 号 p. 248-250

詳細
抄録

語学では,言葉が時系列の出来事を伝えられるように修飾される.研究結果の報告は,話題の背景,現状認識およびデータに基づいた結果等で構成されているので,論文展開をするためには種々の局面に応じた文法の使い分けが必要とされる.特定の例外はあるが,基本的に科学英語は文学英語と同様の文法を用いて書かれる.

著者関連情報
© 2015 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top