ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
薬学実践英語
第7回 科学論文を書く際に不可欠な文法(Part 2):冠詞および句読点
F. W. FOONG
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 51 巻 4 号 p. 352-355

詳細
抄録

Part 1では「序論」,「方法および結果」,「discussion」を書く際の現在形,現在完了形,過去形,過去完了形の使い方を議論した.今回,引き続き「結論」を書くときの注意点について述べ,その後,冠詞と句読点について議論する.

著者関連情報
© 2015 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top