ファルマシア
話題
薬剤師のジャーナルクラブ
インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラムの概要とその展望
青島 周一桑原 秀徳山本 雅洋
著者情報
ジャーナル フリー

52 巻 (2016) 10 号 p. 948-950

詳細
PDFをダウンロード (1712K) 発行機関連絡先
抄録

前景疑問に対する問題解決に、Evidence-based Medicine(EBM)の実践は必要不可欠である。しかしながら我が国では、EBMに対する薬剤師の認知度は高いとは言えない。「薬剤師のジャーナルクラブ」は論文抄読会をインターネット上で開催することで、EBM学習の場を提供する取り組みである。取り組み当初より、視聴者数は徐々に増え、現在ではコメント投稿機能を用いた活発な議論が展開されている。論文から深い考察や新鮮な驚きを得たことを示唆するコメントも多く、当取り組みは、EBM学習の場を提供するという点において、一定の役割を果たせるものと思われる。

著者関連情報
© 2016 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top