ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
ミニ特集 話題
薬剤師としての海外留学の意義
岩澤 真紀子
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 52 巻 12 号 p. 1113-1117

詳細
抄録

日米の薬学部を卒業し,両国で臨床薬剤師経験を持つ日本人は数少ない.筆者は東京薬科大学を卒業後,東邦大学医療センター大森病院勤務を経て,米国南カリフォルニア大学Pharm.D.課程に進学した.卒業後は,薬剤師レジデント研修を修了し,カリフォルニア州の病院に勤務した.約12年間の米国生活を経て帰国し,現在は北里大学にて教鞭をとっている.筆者の留学体験が,これから留学を目指す方々の一助となれば幸いである.

著者関連情報
© 2016 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top