ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
トピックス
電位感受性シリコンローダミンで神経信号伝達を可視化する
堀雄 一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 52 巻 5 号 p. 437

詳細
抄録

神経ネットワークにおける情報伝達を理解するうえで,膜電位の変化を捉えることは極めて重要である.Huangらは,膜電位の変化によって大きく蛍光強度を変化させる光安定性の高い近赤外蛍光プローブを開発することで海馬神経の活動電位の伝播を可視化することに成功した.この成果は,実用的な神経機能のin vivoイメージングにつながるものであるため,本トピックスで取り上げた.
なお,本稿は下記の文献に基づいて,その研究成果を紹介するものである.
1) Huang Y. L. et al., J. Am. Chem. Soc., 137, 10767-10776 (2015).
2) Miller E. W. et al., Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 109, 21456-21461 (2012).
3) Woodford C. R. et al., J. Am. Chem. Soc., 137, 1817-1824 (2015).

著者関連情報
© 2016 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top