J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

ファルマシア
Vol. 53 (2017) No. 11 p. 1082-1086

記事言語:

http://doi.org/10.14894/faruawpsj.53.11_1082

セミナー

腸内環境の適切な制御が健康維持や疾患予防に重要であることが明らかになりつつある。われわれは腸内環境制御を軸とした個別化ヘルスケアを実現するため、腸内環境の評価および個々人に合わせた腸内環境改善策を提案するシステムの構築を目指している。本稿では、腸内環境の乱れと疾患に関する近年の研究成果とともに、科学的根拠に基づくヒト腸内環境制御を目指してわれわれが設立したバイオベンチャーの取り組みについて紹介する。

Copyright © 2017 The Pharmaceutical Society of Japan

この記事を共有