ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ミニ特集 話題
物理化学的視点から薬剤師業務を考える
金澤 秀子
著者情報
ジャーナル フリー

53 巻 (2017) 4 号 p. 301-304

詳細
PDFをダウンロード (7735K) 発行機関連絡先
抄録

一般に医薬品は、有効性および安全性確保のために、有効成分を単体で製剤とするのではなく、界面活性剤などの添加剤等を加えて製剤化している。製剤技術の中には、多くの物理化学の知識が活かされている。本稿では特に物理化学で学んだコロイドなどの基礎的な知識が必要な製剤について紹介する。医薬品を日常的に扱う薬剤師業務の中で、物理化学的視点に基づいて医薬品をとらえ臨床に活かすことについて考えてみたい。

著者関連情報
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top