ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
オピニオン
加齢変化に伴う感覚器障害とQOL
加我 君孝
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 54 巻 11 号 p. 1015

詳細
抄録

五感のうち視覚を除く4つが耳鼻咽喉科が対象とする感覚器である.すなわち,聴覚・嗅覚・味覚・触覚である.聴覚は音という物理的感覚で,嗅覚と味覚は化学感覚である.触覚は体性感覚である.平衡覚は従来の定義の五感には入らない.前庭三半規管が平衡覚の受容器であることが明らかになったのは19世紀という新しいことである.ギリシャの哲学者は視覚と聴覚を遠距離感覚,嗅覚と味覚を近距離感覚と呼んだ.

著者関連情報
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top