ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
セミナー
子どもの感覚と認知発達
重度・重複障害児の認知発達を促す指導・支援
藤井 絵理
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 54 巻 11 号 p. 1045-1049

詳細
抄録

子どもの認知発達を促すには,保有する感覚を活用させる指導が重要ある。本校には肢体不自由障害に知的障害,聴覚障害,視覚障害等の障害を重複して併せ有する重度・重複障害児が多く在籍する。彼らはその障害ゆえに,健常児に比べ運動機能の発達や認知発達の遅れまたは,偏りが生じている。本稿では,彼らの保有する感覚を活用した認知発達を促す指導について,本校の実践を紹介していく。

著者関連情報
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top