ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
家庭薬物語
第35回 敬震丹
犬伏 壮一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 54 巻 3 号 p. 240-241

詳細
抄録

徳島の伝統薬「敬震丹(けいしんたん)」は、江戸時代文政年間(1818~1830)に誕生した気付け薬である。藍取引で財をなした犬伏家が、大阪道修町との繋がりを深め、鎖国当時としては貴重な生薬(麝香、牛黄、竜脳、人参、サフラン、香附子、沈香、甘松、桂皮、牛胆、丁子、木香、甘草、生姜)を配合した。1cm角の板状の錠剤で、芳香性の気剤により香りで気を巡らす処方内容であり、口中で香りを嗅いでから服用するとより効果的である。

著者関連情報
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top