ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
トピックス
化学合成,DFT計算,NMR解析を利用する真の(–)-baulamycin類の全合成
大内 仁志
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 54 巻 3 号 p. 251

詳細
抄録

Baulamycin A,BはMRSAに有効な新規抗菌薬として期待されているが,天然からの単離量が極めて少ない上に,柔軟な立体配座をとるため立体化学の決定が困難な化合物である.今回,Aggarwalらは高度な合成化学と計算化学,精密なNMR解析を組み合わせることでその絶対立体配置を訂正し,天然物と同一の立体化学を有するbaulamycin類の全合成を達成したので紹介する.
なお,本稿は下記の文献に基づいて,その研究成果を紹介するものである.
1) Wu J. et al., Nature, 547, 436-440(2017).
2) Tripathi A. et al., J. Am. Chem. Soc., 136, 1579-1586(2014);ibid. erratum 136, 10541(2014).
3) Fawcett A. et al., Angew. Chem. Int. Ed., 55, 14663-14667(2016).

著者関連情報
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top