ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
日本ベンチャーの底力 その技術と発想力
第6回 ヘリオスの幹細胞技術による再生医療/細胞医療の実用化に向けた取り組み
澤田 昌典
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 54 巻 5 号 p. 452-454

詳細
抄録

iPS細胞の発明から10年がたち、その実用化に向けて再生医療への応用やiPS細胞技術を用いた創薬など様々な取組みが進められている。多能性細胞であるiPS細胞から目的の細胞を分化誘導し、その細胞を移植することで機能の回復を目指す、という新しい治療法開発について、その技術及び企業としての実用化への取り組みを紹介する。

著者関連情報
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top