ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
最終回 創薬研究から製品化へのマネジメント・モデル
第6回 競争的創薬研究開発環境でのCI(competitive intelligence)の引き出し方
髙橋 義仁
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 54 巻 8 号 p. 804-806

詳細
抄録

企業経営では,戦略・競争情報を経営戦略に展開するかが重要となる.この手順が体系化されたものとして,コンペティティブ・インテリジェンス(competitive intelligence:CI)と呼ばれる手法が知られている.CIは,カスタマー(依頼者)とのコミュニケーションからスタートし,生産されたインテリジェンスは,カスタマーらに配布,それに基づいて,目的に沿った判断・行動が起こされる.一連の流れは,再び履行されることが多いため,インテリジェンス・サイクルと呼ばれる.創薬研究開発の初期段階では,競合する企業やアカデミアの「研究開発に関するインテリジェンス」が,市場化に近くなるに従い「マーケティングや規制関連業務のインテリジェンス」の重要性が増してくる.

著者関連情報
© 2018 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top