ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
Editor's Eye
大腸菌を用いた新規硫酸化アルカロイドの生産/親水性分子を水中で捕らえる分子チューブ/行動の伝承には中脳水道周囲灰白質のドパミンニューロンが寄与している/ミクログリアの性質は雌雄で異なる/医薬関係者の副作用報告ガイダンス骨子
ファルマシア委員会
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 55 巻 2 号 p. 109-110

詳細
抄録

大腸菌を用いた新規硫酸化アルカロイドの生産,親水性分子を水中で捕らえる分子チューブ,行動の伝承には中脳水道周囲灰白質のドパミンニューロンが寄与している,ミクログリアの性質は雌雄で異なる,医薬関係者の副作用報告ガイダンス骨子

著者関連情報
© 2019 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top