ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
最前線
分子インプリンティングによる高感度分子認識素子の開発とその応用
砂山 博文竹内 俊文
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 55 巻 2 号 p. 150-154

詳細
抄録

分子の鋳型を人工高分子材料で取り、分子認識能を付与する分子インプリンティングという技術がある。最近、タンパク質の生合成にインスパイアされた革新的技術、ポストインプリンティング修飾技術が開発され、後天的に新たな機能の付与が可能となり、抗体などの生体分子に匹敵するほどの高機能化が進んできた。抗体に替わるプラスチック抗体材料として、改めて注目されてきた分子インプリントポリマーの最近の研究開発動向について概説する。

著者関連情報
© 2019 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top